越前竹紙布 竹内康子

越前竹紙布

染材は藍と冬青(ソヨゴ)、玉ねぎの皮など。縞模様を作るときにはそれぞれの色のもつ言葉や気持ちを紡げればと願いながら織るといいます。経糸に木綿、緯糸に竹紙を使用した、張りのあるしなやかな地風が特徴。

越前竹紙布は地元福井県の特産である竹製品の廃材利用を目的に生まれました。